人の意見と自分の意志

最近、マインドセット系の記事を良く書く。

それほど人間の、そして自分の行動が無意識化で行われているのだろうなと感じる。

今日も夜は若干惰性で行動してしまった。

昔から思っている事があり、人は必ず他者との文脈の中で生きる生き物だと思う。当然、他人がいなければ自己の認識はないし、また他者とのつながりは生きていく上では非常に重要だと思う。当然自分も周りにいる人たちにいつも助けられている。だからもっと感謝する必要があると思うしこれからも多くの人との文脈の中で生きていく事になるだろう。しかし今後自分に必要なのは、"自分の強固な意志”と行動力だと思う。

 ・人の心はそこまで強くない。

「人は人、自分は自分」という言葉があるように、他者と自分を比較する事にはそこまでメリットがないと思う。しかし自分は人を羨ましく思ったり、また今自分以外の人は何をしているのだろう、人の意見やアドバイスをもっと聞きたいなどど思う事もある。誰かと話したり、食事をしたり、またどこかに出かける事はとても好きなのであるが、それはある意味で一時の楽しさであると思う。他者との関わりは非常に重要だし、欠かせない行動なのだけれども、その場から離れてふと一人になったとき、寂しさや虚しさを感じる時がある。基本的に人と一緒にいて、寂しさや虚しさを感じる時はほぼないだろう。しかしながら、一人だけの時間は孤独なので、そのような感情が沸きあがる時もある。そしてその一人の時間こそ、多くの情報をInputしたり、Outputしたり、考えたりする事が出来る重要な時間だと思う。当然、自由な時間とも言えるので、どう使うのかは全て自分次第。そのような時にこそ、自分の意志力と、それを行動に移す事が重要なのだろう。ただYoutubeを見て過ごすのはやはりもったいない。

一人でいられる時、どれほど有益な時間に過ごすのかは誰も見ていない分難しいと感じるのだが、その時間帯にこそ成長のきっかけがあると感じる。一人の時間をもっと大切にしよう。