読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋トレをするメリット

健康・食事・お酒

筋トレをする事はもはやメリットしかない。最近そう思えるのである。なぜか、自分なりに考えた。


肉体と精神への効果

ポジティブ心理学では体を動かして汗をかく事は抗うつ剤を摂取するのと同じ効果があると言う。つまり体を動かして汗をかく行為は健康のためだけでなく、精神的に非常にプラスになるのである。そして精神的に安定している事はあらゆる面においてプラスに働く。勉強や人間関係などは精神的に安定しており、幸せであれば非常に良い影響を与えてくれる。

禿げない上に肌がキレイになる

さらに筋トレは成長ホルモンを促進させる。そして筋トレ後にはプロテインを取る事が推奨されている訳であるが、成長ホルモンの促進⇔プロテインの相乗効果により、肌・頭皮・爪の成長がおそらく促進される。肌や爪は綺麗な方がいい、髪はフサフサナ方が良い。

自信につながる

人は外見だけで判断すべきではない、それは誰しもが知っている。しかしここで一つ考えてみたい。ひょろひょろな男子とムキムキな男子どちらが自信に満ち溢れているのかを。大抵の場合ムキムキな男子の方が自信とオーラがあるはずである。筋肉がある事によって自分の自信がさらに高まる。これは対人場面において有効に働く訳である。とうぜん異性に対しても有効に働く。

成長を数値で実感できる

何kgを何回上げる事が出来たのか、筋トレは数字ですぐに結果が見えるし、またその繰り返しによって自分の体の変化にも気が付けるのである。つまり目標設定が立てやすい。

日本の筋トレ市場はブルーオーシャンである

これは特に男子に言いたいのであるが、日本において筋トレをしている人は非常に少数だと思われる、それは町中で歩いている男子を見ればすぐに分かる。華奢な体型の男子が多いのである。私がアメリカに留学をして大学内のジムに行って感じた事、それはアメリカ人の男子、そして女子も筋トレに超ストイックで自分の肉体をとことん極めようとしている点である。これは若干衝撃を受けたのだが、アメリカ人は本当に筋トレをする人が多い(一方で超肥満大国であり、この二極化がアメリカを象徴しているようにも思える)。アメリカ人の骨格もあるだろうが、皆さんの筋トレに対するストイックさは本当に関心した。しかし日本では筋トレ=体育会系限定、もしくは一部の健康マニアのような風潮があるように思える。これは勿体ない。誰しもが体を鍛える自由がある訳なので、そしてジムも至るところにあるので、さっそく筋トレを開始してみてはいかがであろうか。