読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽に勝つ、時間に勝つ

昨日はWBSを見ていたら寝落ちしてしまった・・・そう、寝落ちしてしまうとどうも次の日の目覚めがあまりよくないし、また一日を通してなんだかダルい感じがするのである。昨日は明かりを付けたまま寝落ちしてしまい、また4:30にいったん目が覚めて、そしてもう一度寝て、6:30にまた起きるという事をしてしまった。

寝る時はしっかりと寝るという事をしないとどうもリズムが崩れてしまう。

となぜここまで後悔しているのかというと、最近のテーマは太陽に勝つ事と、時間に勝ちに行く事であるからだ。

 

 ダラダラとYou Tubeを見たり、何もせずに時間だけが過ぎていく・・・・

まだ5分しか経っていない・・・ああ暇だ・・・と思っている感覚、これは時間に負けているという感覚である。時間よりも自分の体内時計の方が進む速度がゆっくりなのでる。これでは単純に1h進んだとしても本人はダラダラと過ごしており、単に時間の流れに身を任せているので、時間に負けているという事になる。

一方で時間にかつというのは、チクセントミハイという心理学者の名前を借りるのであれば、「フロー状態」に突入している事。つまり最高の状態でその作業が出来ている事である。この状態に突入すると。気が付いたらもうこんな時間か・・・という事がよくあると思う。なんだか自分だけが別の世界に行ってしまったようなあの感覚・・・あれが「フロー状態」であり、時間に勝っている状態だと言えよう。つまり、出来るだけ時間に勝った方が生産的にも向上するし、時間を有効に使えていると言える。

という事で最近行った事がある。それはi PhoneからFBとInstagramのアプリを消した事である。理由は簡単で”ついつい”アプリを開いてしまい、そして”ついつい”ボーっと見てしまう事が多いからである。これはある種の没入なのだけれども、あまり良い効果はないと考えた。なので2つのアプリは削除。他にもアプリは必要最低限のものしか現在いれていない。しかしそれがとても良い。Mail, LIINE, Music, Safariなど機能を出来るだけ絞る事によってそれ以外はi Phoneでは行わないと脳に覚えさせるのである。実際FBやInstagramを消すと、”ついつい”開きたくなる症状が起きる。しかし、一定期間我慢すると不思議と見なくても全然大丈夫になる。脳の適応はやはり非常に優れているなと実感する今日この頃。

 

太陽に勝つ

太陽に勝つ、これは季節の関係もあるのではあるが、要は太陽が昇るよりも前に起きるという事である。最近は6:00でもまだ暗いので、この時間に起きて、そして筋トレにいくのが楽しみになっている。朝早く起きるとやはり物凄い得をした気分になるからである。夏であればもう少し起床時間を早めて5:00くらいに起きたい。

余談にはなるけれども、最近の自分の最適な睡眠時間が分かってきた。おそらく冬は11:30-5:50で夏は11:10-5:10だと思う。10:00とかににねてしまうと、どうもリズムが狂う。

冬は気温が低いので、6h20min, 夏は気温が高いので、6h。

実際睡眠の質を出来るだけあげれば、6h寝れれば十分であると実感。必要最低限の睡眠時間は4h30minとの事なので、まぁ納得。そうすると7~8hという一般的なガイドラインは、若干長すぎるのではないかと思う。

太陽に勝ち、時間に勝つことで、人生の質をあげていきたい。