一人禁酒いい感じです

9月10日から一人でいる時はお酒を飲まないと公表してから今日(10月20日)まで、ビール一缶を除いて一人禁酒が続いている。非常に良い。ストレスも全く感じない。

 

 何を飲んだかというと

ちなみに一回だけビール一缶を飲んだのは、ヤッホーブルーイングからSORRY UMAMI IPAという新商品が出た時に飲みました。ビールに鰹節を入れるというなんとも大胆な発想のビールをぜひ飲んでみたいと思い、この時だけは飲んだのであるが、個人的にはあまり好きにはなれないビールであった(笑)。

確かに、香りもしっかりとあり、味もある程度しっかりとしており、かつ苦みもあって、斬新なビールだったのだけれども、IPAなのかベルジャンなのかよく分からないビールであり、個人的には抜群の香りや苦みを前面に出した、American India Pale Aleがタイプなのだと再認識。

 

酒のない生活はやはり健康に良い。

一言で言ってしまえば酒が無い方が健康でいられる。まぁ当然ではあるのだけれども、昔からタバコは害しかなくて、酒は多少なら良いという話もあるが、お酒を飲む事で眠気・集中力の低下、暴飲、暴食に突っ走ってしまう自分の特性を考えるとやはり飲まない方が良い。それに例えば19:00にお酒を飲んだとしたら、それ以降のInputや作業が出来なくなってしまう。

しかし一方でお酒を飲まないと寝る直前(23:30頃)まで何らかの作業が出来るのである。

当然お金の節約にもなるし、その分を他のお金に使う事が出来る。

一か月を通してみて

ストレスを感じた日、執筆作業がなかなか進まなかった日、執筆作業が効率よく終えた時、確かにお酒を飲みたくなる。のだが、そのお酒を飲まない代わりに少しいい料理を作り食べたりしたら満足感は変わらない。何かの出来事に一喜一憂してお酒を飲むという事はお酒を飲みたいがゆえに一喜一憂しているとも考えられるので、感情の起伏をなるべくフラットにして、お酒を飲みたいという衝動を抑える事が重要だと実感。今後も人と飲む時以外は一切お酒を飲まないという生活はぜひ続けて行こうと思う。それよりも朝に筋トレする方が個人的にはよっぽど満足度が高いので(笑)