読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修論に終わりはないから終わりは自分で作る。

修論に終わりはない。つまり、研究しようと思えば、どこまででも研究できてしまうので、どこで終わりにするのかを自分の中で決めないといけない。

正直修士論文を書くという作業は学部の卒論に比べて、結構しんどいのであるが、自分の中での執着地点と、一日の執着地点をしっかりと考えようと思う。そうしなければただ、ダラダラと過ごしてしまうし、せっかく朝早く起きても生産的ではなくなってしまう。微妙に忙しい感覚がずーっと長らく続ているのは、微熱が常にある感覚のようなので、精神健康的にもあまりよろしくはない。一日での目標をもっと正確に決める事にしよう。

そして常に修士論文を書かないのでれば、その時間を自分は何に使うのかをしっかりと考えるようにしたい。

あと4か月!