早起き超気持ちいい

早起きは超気持ちがいい。

最近は朝いかに早くそして、快適に起きられるかという事にハマっている。今朝は6:15に起床。ちょうど太陽が昇り、朝の陽ざしは気持ちをリフレッシュしてくれる。セロトニンも多く分泌されるので、精神的に安定するのは当然の事なのですが。

 

6:15 起床

6:20-6:40 ウォーキング

6:40-6:55 シャワー

6:55:7:10 瞑想  

7:30-8:10 朝食バイキング

8:20-9:00 読書

9:00-9:40 洗濯を干す・10分程度の睡眠

9:50-図書

 

朝は誰にも邪魔されないし、頭も冴える。エネルギーも沢山ある。

いかに朝快適に起きる事が出来るのかは、前日の寝るための準備と時間が大きく影響を与えている気がする。

個人的にベストな睡眠時間は11:30-6:15の6h45min。この時間帯に深い睡眠が出来るかどうかで次の日の活動量が大きく変化する。

身体に超負担がかかるのがクラブでのオール。アメリカのフロリダに旅行行ったときは毎日のようにクラブに行き、寝る時間も深夜の2、3時だったため、その後体調は当然崩れ、喉がしばらく腫れた思い出がある。

 

しかし、11:30-6:15に寝ると、素晴らしく生産的に一日を過ごす事が出来る。まぁ昼寝もするのだけれども、これは意識的に行っている。13:00-15:00の間にコーヒーを飲み、その後10分くらいの軽い昼寝をすることはその後の集中力upに繋がるのでとても良い。

11:30-6:00に睡眠時間を変えてみようと思う。おそらく6h30minでも十分だろう。

 

そして大切なのが、日中の運動と、就寝3時間前に夜ご飯を食べ終えている事と、就寝前の入浴と軽いストレッチ。

自分の場合理想の夜ご飯の時間帯は7:00-7:30。そうすると就寝4時間前には食べ終える事になる。満腹で寝てしまうと、胃の負担がかかり、眠りの質がとても悪くなる。

夜は糖質を抑えて、軽めに食べるのでおkなのである。

また10時台での入浴もとても良い。

そしてI phoneを出来れば寝る前の1h30min前からは見ないという事。これがとても良い。

寝る前になにかの連絡が入っていたり、何かのニュースなどに気をとられて、眠りが浅くなるのがとてもよくないと思う。基本的に夜10:00までの使用でも日常生活においては何の支障もない。

という事でこれからも睡眠の質を上げて朝起きる時間を早くして、そして一日を有効に使えればと思う。時間は平等なのでどんどん生産的な生活を行えるように使っていこう。