読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人だと孤独、集団でいると面倒だと思う心境とは

人生哲学・マインドセット

何を行うにしても”目標”が重要だと思う今日この頃。

自分が目指すべき目標に向かって進んでいくために、一人で行う方が効率が良いのであれば、一人で行うべきであるし、また集団、つまり複数名で行った方が良いのであれば、複数名で行えばよいのだろう。

自分は来年からは会社の組織の一員となる訳であるが、これは集団で目標に向かっていく訳である。何かの目標を達成するためには一人で行うよりも複数名で行った方が良いので複数で行っている。

 

 ・集団で何かをする時に大切な事

それは、自分の役割を認識して、メタ認知を発揮させ行動する事だと思う。どのような役回りが組織の活性化のためには一番良いのかを考えて、それを実行する。合理的な考えも必要だけれども、そこには、Passionや情熱といった人間ならではのEmotional的な要素も大切になってくるのだろう。会社で言えば、エンジニアと営業という部門があったとする。自分がどんなに努力しようとしてもエンジニアにはなれないだろう。それはエンジニアに対するPassionが無いので、そこに対して努力をかける事が出来ないのである。一方営業であれば、ある程度努力していきたい。それはなぜかというと、自分を突き動かす情熱やPassionが下支えしてくれているからである。ただし、常に人といる事はあまりよろしくない。何かをする時の判断は常に自分が主導権を握り行動しないといけない訳である。流されてしまってはいけないと思う。

 

・一人で何かをする時に大切な事

それは、思考する時間であったり、運動する時間、情報を仕入れる時間に充てられる事だと思う。自分は今一人暮らしをしている訳なのだが、アパート内においては、何をするのも自分の自由である。寝ててもいいし、Youtubeを見てても良い。何をしても”自由”の代わりに将来の責任も当然自分が背負う必要がある。人と一緒に読書や勉強は出来ないし、運動も一人で出来る(これは友人と行った方がメリットが生じる場合もある)。情報を仕入れるというのもネットや本を通して多くの情報を仕入れ、それを誰かと会話する時にOutputする事が出来る。

 

・結局は

結局”自律心”が大切なのだと思う。例えば、嫌な事があったから酒を飲んで忘れてしまおう。というのは、一瞬の逃避な訳であり、問題の解決にはならない事を最近悟った。お酒は飲んでも、それに溺れてはいけない。また、食事や睡眠などの日々の生活もそうだと思う。ある意味どれだけ日々ストイックになれるのかが健康体を作っていくのだろう。そして良い習慣を作っていくのだろう。最近は栄養学を学び、何を摂取したら良いのか何を摂取しない方が良いのかなどを知る事で身体に良いものを食べるようにしている。人との付き合い方もそうだと思う。寂しいから、気分を紛らわせたいから友人を酒を飲む、愚痴をこぼす、というのではなく何かしらの目標が共有できると良いのではないだろうかと思う。対話に終わりは無い。メタ認知を鍛えてもっと相手の立場で考えられるようにしていこう。鬼気配り・鬼Kindenessをさらに実行していこう。