読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタディサプリとスマイルゼミ

EdTech

 

エデュケーション×テクノロジー

今年は様々な領域において、×テクノロジーが大いに変わってくる年になるらしいのだが、その中でもやはり教育とテクノロジーは非常に大きくここ数年で変わってくるだろう。

IOT

Internet of things

インターネットとものを繋ぐ事。

かつてターミネーター3でT-Xがあらゆる機械を自動操作していたけれども、そのような世界がもう間近に迫ってきているのだと実感。

 家電・車・家などあらゆるものにInternetが繋がれる世界

今後はIOTではなくIOE Internet of Everythingの時代になってくる。

 

 教育の世界も変わろうとしている。

 

(1)アクティブ・ラーニング(反転学習)

(2)インターネット

 

この2つが今後の教育の世界を大きく変えていくだろう。

特にインターネットを介したタブレット学習はおそらく今後教育分野に浸透してくると思う。

 

自分は高校を卒業して6年ほど経つが、当時高校生だった自分は先生にemailで連絡を取った覚えはないし、当然Google Drive上での添削などは無かった。

当時流行っていたのはスマホではなく、ガラケーだったし、SNSFacebookではなく、ミクシィ前略プロフィールとかだった。

 

6年の月日が経過して、Internetは尋常じゃない速さであらゆるサービスを可能にしてきていると感じる。

特にタブレットなどを用いた学習とMOOCと言われる無料で視聴できるオンライン学習サービスなどは本当に教育格差を無くせる可能性がると感じる。

 

タブレットを生徒に配布すれば、あとはインターネット環境さえあればどこでも学習する事が可能になる時代がもう来ていると思うと本当に大きく教育の世界は変わろうとしているのだと実感。

アクティブラーニング(反転学習)とインターネットの2つの機能が上手く機能すると生徒の学力(もはや学力という言葉に収まるかどうか分からない。学力というよりも人間力?)が格段に向上すると考える。

 

動画などでinoutをとことん行い、outputを教室内で行う。

input⇔outputのサイクルが台風のように回れば、生徒のoutputする力は凄まじく向上すると私は思う。

多くの教材・人・組織が網の目状に、有機的に繋がりあう事で色々な反応が生まれると感じる。

 

そして今回個人学習を大いに助けれくれるであろう2つのサービスを紹介したい。

(1)スタディサプリ

studysapuri.jp

 

受験サプリや英単語サプリなどあったサービスを統合してスタディサプリと名前を変更したリクルートの学習サービス。

この魅力的な点は月額980円という驚異的な安さであろう。

(小4~中3・高1~大学受験生と2つに分かれています)

 

980×12=11,760円/年で受講出来てしまう。

そしてスマホ一台あればどこでも学習出来てしまう点である。

恐ろしい位魅力的なリクルートのサービス、生みの親は山口文洋さん。

diamond.jp

 

日本には学習すべき材料が物凄く豊富に整っていると思う。あとはそれをどのような形で多くの生徒に提供出来るかが重要になってくると考える。

 

東進ハイスクールが塾業界では圧倒的な力をつけていた当時、リクルートの新サービスはまさに破壊的存在になっただろう。

これからもドンドン色々な仕掛けをしてくると思うとワクワクしてくる。

 

(2)スマイルゼミ

Just Systemというシステム会社が提供しているスマイルゼミ。

スマイルゼミは小学生向けで、SMILEEMIは中学生向けのサービスである。

この特徴としてはタブレットとセットになって販売されている点であろう。

ソフトとハードが一体となっており学びにフォーカス出来るタブレット端末になっている。インターネット環境にあまりにも幼い事から触れさせたくないという親御さんも比較的安心して使わせる事が出来るのではないだろうか。

値段は例えば小学校3年生標準クラス12か月一括支払いだと43,200円

 

smile-zemi.jp

 

特徴としているのは、

”日々蓄積されるお子さまの学習データと、全国から集まる膨大な学習データから“今”必要な学びを解析し、一人ひとりに最適な学習を「毎日自動生成」するのはスマイルゼミだけです。保護者の方から学習傾向のカスタマイズもできます。”

との事。

 

Just Systemの強みは何と言ってもソフト面だろう。

ジャストスマイルという授業支援ソフトが全国の公立の小学校において8割の導入実績を誇っているとの事でこの割合は尋常でなく高い。

基本的に、新参者はどんなに魅力的な商品をもっていても学校現場に導入しようとすると門前払いされることが多いらしいのだが、やはり一太郎などの信頼もあるのだろうか、Just Systemの導入実績は目を見張るものがある。

それだけの導入実績があるので、当然信頼度も上がる。

学校で使われているという信頼性は本当に高い。

 

この2つの教育インターネットサービスが現在の2強と言った印象であります。